日本の底辺である小学生のサッカー。週末サッカーコーチが、未来のサッカー界を担う子供たちの現状を伝えますよ。
日本サッカーの底辺より
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ある1つの物語(前編)!
2005年08月13日 (土) 18:02 | 編集
それは7月に入って間もない日だった。その日は前日に降った雨は止んでいたものの空は重い雲に覆われてた。緊張しながらも楽しみでもあったインターハイ予選準決勝。勝てばサッカー部創設以来のインターハイ出場。相手は、これまで練習試合を含めて一度も負けたことのない高校。チームメイトはインターハイに行けることを信じていた。

スタンドには在校生やOBを含め、かなりの数の観客が応援していた。その応援を指揮していた人は中学の先輩でもあり高校の先輩でもある人。その先輩に誘われてこの高校に来たのである。その先輩は一人一人の応援歌をつくり声の限りに叫んでいた。

試合前のアップの時、ふとスタンドを見ると観客の多さに驚いた。それと同時にこの観客の前で出来る喜びが湧き上がり涙が出そうになった。近くにいた友達に「最高だな」と話すとそいつも「最高だな」とうなずいてた。あの時の感動は今でも忘れていない。

準決勝第1試合では当時全国レベルであった高校が順当に勝ちあがり、インターハイ出場を決めていた。それに続くためにも、うちも勝ってインターハイを決め、決勝でその高校とやるつもりだった。


しかし、試合開始前のロッカールーム。そこは異様な雰囲気に包まれていた。
≫ "ある1つの物語(前編)!" の続きを読む...
スポンサーサイト
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: designer
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。