日本の底辺である小学生のサッカー。週末サッカーコーチが、未来のサッカー界を担う子供たちの現状を伝えますよ。
日本サッカーの底辺より
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指導者の目的って何?(前編)
2007年08月12日 (日) 23:59 | 編集
大げさなタイトルですが、
皆さんは目的はありますか?

自分の指導者としての目的はズバリ

「日本を世界に通用するサッカー大国にする!」
ですね。

これは冗談でもなく、マジです。

そのためには何をするか?
日本サッカーの全体的なレベルを上げなくてはなりません。
つまり、平均値をあげることです。
そのためには、

(1)トップレベルの選手をさらに上のレベルへ引き上げる。
(2)下のレベルの底上げをする。

の方法があります。

(1)の方法はすでに始まっております。
いわゆる「エリートプログラム」です。
優秀な選手を集めてよりよい環境の中で
育てることす。Jリーグアカデミーがよい例ですね。
この考えは選手にとっても自分にあったレベルで
練習や試合が出来るので常に刺激を受け、
優秀な選手はますます成長していきます。
大変すばらしい計画で、5~10年先にはある程度の
よい結果が出ているでしょう。

上記のとおり、エリートさえ集めれば世界で通用する国に
なれる、と考えてよいのでしょうか?
(1)さえやればよいのでしょうか?

個人的には(1)も大事ですが、(2)こそもっと考えて行かなくては
ならないと思います。

日本が世界に追いつくためには、すでに世界の国々でも
よい結果が得られている「エリートプログラム」でだけではなく
「底辺でのサッカー」を変えていく必要あるのではないでしょうか?
もちろん、ライセンス制度が行われ指導者の質が上がってはいます。
しかしながら、中学生高校生よりも指導者の影響を強く受ける小学生に
対して、指導者はどのような態度をしているのでしょうか?
そして、何を目的に指導をしているのでしょうか?

底辺からトップまでカテゴリーの指導者全員が
「世界でも通用すること」を目的にしなくてはならないと思います。
(ただ、サッカーを通じた人間教育も大事な目的です。)

開幕したプレミアリーグを見ながら、世界のレベルの高さを感じ
と同時に日本サッカーがまだそのレベルに達していない悔しさを
噛み締めながら書いてみました。

次回に続く

スポンサーサイト
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: designer
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。