日本の底辺である小学生のサッカー。週末サッカーコーチが、未来のサッカー界を担う子供たちの現状を伝えますよ。
日本サッカーの底辺より
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小学生のサッカー界!
2005年07月30日 (土) 01:07 | 編集
小学生のチームには、いろいろなスタイルのチームがあります。
それは全世界の国の特徴を日本の小学生のサッカーで見ることができるほどです。

とにかくテクニックのチーム。体の大きな子がばかりの力強いチーム。ひたすらロングボールを蹴るチームなどなど。

また、システムもいろいろあります。4-3-3、4-4-2、4-2-3-1、3-5-2などなど。


これは世界でも珍しいのではないでしょうか?
例えば、ブラジルなら基本的には4-4-2。
オランダなら4-3-3などのウイングのあるシステム。
スペインも4-4-2や4-3-3のようです。
というもの、オランダやスペインは国のサッカー協会が薦めているシステムを採用しているのです。


それでは日本はというと・・・

基本的にはサッカー協会が薦めているシステムはありません。そのため、いいか悪いかは別としていろいろなシステムを小学校の時から出来ます。

ただ、面白いのは代表や有名なチームのシステムしだいで小学生のシステムも変わることがあるということです。

実際、「フラット3」の時代にはかなりのチームが採用しておりました。しかし、最近ではあまり見られずスイーパーを置いた普通の3バックになっています。
システムも一時に比べて4バックが増えてきたと思います。

個人的には小学校のサッカー界でこういう点が見られるのが楽しいですね。世間の認知度がよく分かります。認知度が高かった「フラット3」は、言葉が先行してしまって本当の意味を知らず単に3バックをフラットにしただけのチームもあり、かなりの確率でオフサイドラインを破られていましたし。


今後どのようなシステムが流行るのでしょうか?
小学生のはサッカー界の底辺だけにそれに携わっている人がたくさんいいます。そのため、流行には敏感だと思いますので、世間でシステムや戦術がいわれた瞬間に小学生にも流行ることになるでしょう。おもしろいですよね。

これだから、小学生のサッカー界は面白い!!!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして
はじめまして。おもしろいですね。自分はただのサッカー好きですが、育成のお話は大好きです。サッカークリニックとかもよく読んだりしているんですが、実際にコーチさんのお話が聞けるこのブログは貴重です。これからも最新の状況など読ませて下さいね♪トラックバックもさせてくださいね。
2005/07/30(土) 10:13:33 | URL | ISM #N2y2xK1c[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: designer
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。