日本の底辺である小学生のサッカー。週末サッカーコーチが、未来のサッカー界を担う子供たちの現状を伝えますよ。
日本サッカーの底辺より
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モチベ!
2005年08月04日 (木) 22:57 | 編集
モチベーション維持は小学生においてなかなか難しいことです。前の試合ではものすごいいいプレーをしていたのに、次の試合になると急に元気がなくなって消極的なプレーをしたりします。

これは自分のチームだけのことかもしれませんが、いつも悩むところです。なるべくモチベーションがあがるような声のかけ方やアップを心がけていますが、「これ」というものが見つかりません。まだまだ、学ぶべきことがたくさんあります。

うちのチームのモチベーションが決まってあがらない時があります。それは・・・
○朝早い試合
○昼食後の試合
○移動距離が長い場所での試合


朝早いときは頭が寝ているせいもあり、体が動いておりません。強めのアップをしないと厳しいものがあります。朝早い試合の場合、集合したときに子供達がいつもより静かですと試合でも元気がない時が多いですね。
昼食後の試合もやはりだめです。食べたあとなので、少し気が緩んでいるのと血液が胃や腸にいっているため、頭の回転が遅くなってしまいます。まあ、これは大人であってもそうなのでしょうがないですが、昼食をとるタイミングも重要になっています。
移動距離が長い、つまり車に乗っている時間が長いときです。これは、モチベーションというより車に酔う子が多いからです。長い時間乗る場合は、子供によって酔い止め飲んでくる子もいるくらいです。自分も子供のときはかなり車酔いしたので気持ちがよくわかります。ただ、意外に回復も早くて子供によっては吐いたにもかかわらず、ものすごい元気にプレーをする子もいます。


というように、小学生の年代では本当にいろいろなことが起こります。その分、自分も学ぶべきことがたくさんあり、それが自分にとっても得るものが多いです。こういう点で、小学生には感謝しなくてはなりませんし、その分こちらも子供達に対して大切に指導しなくてはと思います。子供と気持ちを理解しながら、サッカーを教えていくことが大切ですね。

いや~いつも思いますが、コーチ(監督)って面白いです。いい経験をさせてもらってますよ^^
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: designer
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。