日本の底辺である小学生のサッカー。週末サッカーコーチが、未来のサッカー界を担う子供たちの現状を伝えますよ。
日本サッカーの底辺より
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
がんばり!
2005年08月06日 (土) 23:48 | 編集
今日は大会がありました。
結果は初戦敗退。内容的にも最低で、反省すべきひどい試合でした。
当然ながら、私はひどく怒りました。理由は負けたからではありません。それでは何故怒ったのかといいますと、
自分達の力を出していないからです!

相手だ強かろうが弱かろうが、今もっている力を全部出さないと決していい試合はできませんし、成長もしません。特に子供のときからそのようなこと、つまり相手によって手を抜くことを覚えてほしくないのです。

力を出し切っていない試合ほど、見ていてつまらないものはありません。同点のときは1点を目指して、負けているときは逆転を目指して、全力で戦っている姿こそが見ていて気持ちがいいものです。

逆に言うと、見ていてつまらない試合というのは、選手が全力を出していない試合ということになります。
見ている人のとってみれば、「全力を出せばなんとかなるのに」という気持ちでいっぱいです。それは期待の現われでもあるのですが。。。

どんなにすばらしい環境を用意しようとも、それを生かすべき気持ちがなければまったく意味はありません。

個人的にな意見ですが、最近の子は技術はしっかりしているけれども、どうも昔ほど気持ちが強くないような気がします。根性論ではいけませんが、まったく根性がないのはもっとよくありません。

技術と気持ちがうまく融合したとき、本当に見ていてわくわくするようなすばらしい試合となり、内容も結果をいいものがついてくると思います。

そのような試合をどのカテゴリーでも見たいものです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
そうですね。心・技・体そして運(笑)全て大切ですよね。でも、大部分が練習で身につけていかなくてはいけないもの。
全日本選手権とか見てても、小学生、ほんとうまくなってるなあと思ってしまいますが、バランスの良い指導が大切なんですね。
2005/08/08(月) 23:42:35 | URL | ISM #-[編集]
ほんと今の小学生はうまいですよ。うまい子は普通にエラシコできちゃいますからね。コーチもたじたじです^^
2005/08/09(火) 23:00:48 | URL | ヘンリー #-[編集]
普通にエラシコできんですか
( ̄□ ̄;)!!
自分はロナウジーニョで知ったのに(汗)
高原とかも出来るっていってたけど、試合の中で出来るような選手も現れるかもしれませんね。
2005/08/10(水) 02:43:41 | URL | ISM #-[編集]
少年サッカー
ほんと、力を出してないときの試合
ほどつまらないものないです。ww
何しにわざわざ来たんだろって思う
時、泣けてきますよネ。
子供たちは毎年、力がついてきてるはず
なのに、6年になるとそうでもなかったりして、その年度によって違うので
力の入れようが違ってきますぅww
2005/08/15(月) 17:37:04 | URL | kenken #-[編集]
kenkenさん
コメントありがとうございます!忙しくて自分のブログをまったく見てませんでした^^;
そうなんですよ。期待している分、がっくり来ますね。ただ、子供達のやる気を出させるのもコーチの仕事のひとつですので・・・とはいえ、6年になってがんばる学年と気を抜く学年とに分かれますね。
2005/08/18(木) 22:38:39 | URL | ヘンリー #-[編集]
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: designer
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。