日本の底辺である小学生のサッカー。週末サッカーコーチが、未来のサッカー界を担う子供たちの現状を伝えますよ。
日本サッカーの底辺より
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「海外サッカーと日本サッカーの差
2008年03月14日 (金) 23:37 | 編集
海外サッカー日本サッカーの差」

更新が滞っておりました・
すいません^^;

さて、今回のタイトルは「海外サッカー日本サッカーの差」です。

海外サッカー日本サッカーの差」としてよく言われているのが
「体の大きさ」「技術力(トラップ、正確なキック)」「身体能力」などです。
そして、いつも言われているのが「FWの差」。
いわゆる「決定力」については、いずれお話しするとして
今回はもうひとつの差を考えてみます。

私が考える差とは

前を向けるか

です。

前を向けるか」を海外サッカーと日本サッカーではっきりとわかったのが
去年の12月に行われたクラブワールドカップでの「浦和 VS ACミラン」です。
もし、お手元に映像があるのであれば見てください。

そもそも、なぜ「前を向けるか」について考えたのかといいますと、
日本代表の試合を見てていつも以下の2点が気になってました。

(1)日本代表のFWは、少しでも強い代表と対戦する場合、くさびを受けられない。

(2)日本代表のDFは、少しでも強い代表と対戦する場合、簡単にくさびを受けさせてしまう。


相手が少し弱い国でも、多少よいFWがいると日本代表は簡単にくさびを受けさせてしまうと思いませんか?


では、これがなぜ「前を向けるか」の差によるものかというと以下のためです。


(A)日本のFWは、くさびをうけるときの姿勢(猫背)や体の向きが悪く、後ろが見えていないため、
  マークが厳しくないのに前を向かず、くさびということを理由に簡単に後ろに戻してしまう。

(B)DFの仕事としては、インターセプトが出来ないのであれば、後ろに戻させればよいので
  FWに軽くマークをつきさえすれば、FWは前をむかずに後ろに戻してくれる。


国内リーグではそれが通用しますが少しでも強いチームとやるとこの点が大きな差を生みます。
それは、ワールドカップ3次予選のタイ戦での失点、東アジア選手権の北朝鮮戦での失点からも
よくわかるかと思います。

もちろん、DFが甘いといえばそれまでですが、そもそもJリーグにおいて前を向こうとする選手が
少ないのです。そうなるとそれが当たり前となってしまい、DFの感覚として「まあ、どうせ後ろに
戻すから軽くマークにつくか」と距離をおいてしまいます。
しかし、それは海外サッカーでは通用しません。

FWにかかわらずMFを含めて、「前を向く」をということをもっと意識しないと
ますます海外サッカーと日本サッカーの差が開いてしまうでしょう。


前を向く」ことが出来るようになれば、相手のDFはもっと寄せてくる必要があります。
寄せてくるということは、逆にDFがいたスペースが空くということです。
そうなれば、日本の武器である中盤からのスルーパスが生きてくるのです。

もちろん「FWの差」として「決定力」がありますが、
その前に「前を向く」FWを育てるほうが、DFのレベルアップにもつながりますし
一石二鳥です。

指導者の皆さん、小学生年代から「前を向く」重要性を感じて、指導に当たってみてはいかがでしょうか?

ちなみに、「前を向く」ということを意識しながら海外サッカーや日本サッカーの見るのも面白いですよ!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved. / template: designer
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。